壁紙ハルの壁紙が貼りやすい理由

生のり付き

初心者の方でも簡単に貼れるように、裏面のフィルムをはがずだけですぐに貼ることができます。

CHECK!

  • めんどうなのり付け作業不要。
  • 最初から生のりがついているので、フィルムをはがずだけで簡単に貼ることができます。
  • 生のりが乾くまでは、貼り直せるから、空気が残っていたり、しわが寄ってしまっても、その部分まではがして貼り直すことができます。

※生のりが乾かないよう、密封して2週間以内にご使用ください。

簡単メモリ付き

 

長い壁紙を定規で測るのは大変。でも、裏のフィルムにはメモリがついているからカットが簡単に。

CHECK!

  • メモリ付きのフィルムなので、定規で測って印をつけて…といっためんどうがありません。

下敷テープ&カットテープ付き

壁紙をつなげる際、カッターで重なった部分を切るのですが、壁を傷つけないようにするには経験が必要…

壁紙のつなぎめにのりがつくと、重なった部分にのりがついて跡が大変…

CHECK!

  • 『職人技タイプ』には、プロの職人さんも使っている下敷テープが左サイドについているので、重なった部分をカットする際、カッターの刃から壁を守ります。
  • 『簡単タイプ』には、下敷きテープのかわりにカットテープがついています。
    ※『簡単タイプ』は、柄合わせの必要のない壁紙に限ります。
  • つなぎめになる右サイドにはカットテープがついているので、重なった部分にのりがつきません。

【水平断面図】

こんな風にのり付壁紙を作っています

STEP1
お客様からご注文のあった壁紙に、自社でのりを付けていきます。
STEP2
のりの付いた上にはメモリ付きのフィルムを貼ります。また、右サイドにはカットテープをつけていきます。
職人技タイプの場合は、左サイドに壁を保護する下敷きテープをつけていきます。
STEP3
最長30mを1本として、梱包します。
※30mを超えてご注文いただいた場合、2本以上に分けて巻かせていただきます。
STEP4
お客様の元へお送りさせていただきます。
  • 江崎内装株式会社
Top